ペアーズ 口コミ

MENU

ペアーズ 口コミ

facebook婚活アプリpairsの第1回の攻略では、なぜネットの出会いが都合がいいのか、ネットの出会いで気をつけるべきことや戦略についてお話しました。

 

 

 

ここからはより掘り下げて「ペアーズというツールは何なのか」、なぜ数ある出会い系アプリや婚活ツールの中でペアーズが良いのかを比較検討して下準備をしていきたいと思います。

 

ペアーズにサクラはいるのか、実際にデート出来るのか、彼女が出来るのか、という話もヤガワの実体験を踏まえて攻略します。

 

 

 

pairsをすでに使っている人は読み飛ばして第3回に進んでもらって大丈夫ですし、復習や新しい発見のために読んでいただいても大丈夫です。

 

第3回から、具体的にいいねがもらえてマッチングするプロフィールの書き方やおすすめのコミュニティなどの話題に入ります。

 

ペアーズはなんといってもアクティブ層が多い

 

もともと会員数が多い(累計800万人)のもありますが、みんなアクティブ。みんなほぼ毎日アクセスして、男性探し、そしてメッセージ交換をしているようです。

 

 

 

1日に複数回(平日は朝と晩の通勤時間、休日はさらに動きが活発)やりとりをすることも多々あり、やり方さえ間違わなければフツメンでも余裕でいいねをつけてもらえます。

 

 

 

pairsメッセージはだいたい携帯メール並のやりとり頻度が普通ですが、人によってはスタンプをつかって、LINEのような短文チャットのようにやりとりする女の子もいます。

 

 

 

ノウハウの後半に登場するメッセージやりとりのコツとLINE交換についてのテクニックを抑えれば、5通目や7通目(つまりこちらからのメッセージは3通前後)でLINEへ移行したり出会う約束をすることも少なくありません。

 

 

 

真剣に結婚したい人と、遊び目的の女性と、大きく分かれる

 

ペアーズは、ハッピーメールやワクワクメールなどのいままでの出会い系と違い、本気で出会いを求めている女性、しっかり恋愛や婚活したいと思って使っている女性がとても多いです。

 

 

 

さすが「facebook婚活アプリ」というだけあって、運営も清純なイメージを決して崩そうとしないし、自己紹介などもエロは禁止ですべて検閲ありとなっています。

 

 

 

真剣に結婚を考えて出会いを求めている層は、こちらの親のことを聞いてきたり、会おうとなったら女性が店の予約をしてくれたり、とにかく彼氏が欲しい!と一言目でいう子もいます。

 

 

 

真剣なのかそうでないのか、これは年齢層で大きくテンションが分かれる印象です。

 

 

 

26歳くらいまでは軽いノリの女性が多い。イイオトコいないかなー飯おごってくれる男いないかなーという女の子(飯目的。通称メシモク)も含まれます。

 

当然、それに合わせたコミュニケーションと、狩られない(メシモク女にオゴらされない&逃げられない)ための手段、逆にメシモク女を籠絡するような方法論が必要になってきます。

 

 

 

28歳以上になると、結婚をきっちり視野にいれてくる人も多め。遊び目的はお断りとプロフィールにも明記している女性も多いですね。

 

 

 

ただし、この年齢はあくまで目安です。

 

職業によって全然違っていて、会社員は年齢層が高めだし、pairs会員のアクティブ層の中心をなす出会いのない(=休日が不定期や平日)の看護師や保育士は、少し年齢が低めでも真剣層が混ざっています。

 

 

 

アプリが圧倒的に使いやすい

 

ペアーズは他のOmiaiなどに比べると、とにかくアプリが使いやすい。

 

 

 

チャットはかなりスムーズです。めちゃくちゃ軽い!というほどではないですが、快適に使えるレベルなので使っていてストレスはまったくありません。

 

 

 

いいね!をせずにお気に入りに入れておく機能、足あと機能、検索の豊富さ、プロフィール項目の多さ、コミュニティ機能など、無駄な要素はなく、必要なものはきちんとそろっています。

 

 

 

競合となるOmiaiには、この快適さはありません。

 

女性会員がOmiaiからpairsへとどんどん流れていっているらしいですが、それもうなずけますね。

 

ちなみに、PC版のペアーズは重すぎて使い物になりません。ペアーズのアクティブユーザーのほとんどがスマホユーザーと思われるため、PC版の改修が全然進んでいないのでしょう。ただ、今後使うテクニックのために、この使いにくいPC版も多少は使う必要があったりします。次回以降でお教えします。